エルネア王国*イロハ家譚

『ワールド ネバーランド~エルネア王国の日々~』のプレイ日記です☆ネタバレ満載です!^□^;

*201年*再会の日

 

星の日の夜。

なんやかんやとしているうちに気づけば時刻はすでに明け方。

自宅へ戻ってきたトレニアは仮眠を取ります。

 

 

ーーマルチェロくん。

 

 

クサいままでごめんw

 

f:id:elneairoha:20171029111343p:plain

 

先程、森の川辺にてうっかりイムふんをGETしてしまい・・・

騎士隊長のトレニアが住まうここ、エルネア城内の居室からバシアス浴場までは距離があり、行って戻ってくるうちに日付が変わりそうだったためそのままの状態で寝てしまったのでした^^;

 

まぁそれはさておき、すぐに夜は明けまして!

 

いよいよ白夜の日です!!

 

f:id:elneairoha:20171029112452p:plain

 

家族皆もぞもぞとベッドから起き出し、食卓へ向かいます。

 

「今日は4年に一度の白夜の日だね」

バーナソテーを前にトレニアが口火を切りました。

 

「バグウェルの姿が見られるぞ」

龍の真似をし襲いかからん勢いで驚かすマルチェロに、まだ実物を見たことがないグロッサムが身を震わせ、四年前の時分は幼すぎてあまり覚えがないキクも顔を引きつらせます。

末っ子のローダンセはよくわかっていないようでキョトン顔です。

それを見てジニアは笑わずにいられません。

 

f:id:elneairoha:20171029114233p:plain

 

とんでもなく他人事のトレニアw

あなたがバグウェルと戦うんですってば^^;

 

f:id:elneairoha:20171029114359p:plain

 

そして前回同様、失礼すぎるマルチェロw

 

ジニア「明日は絶対、寝不足だなぁ・・・」

キク「夜があかるいの、ふしぎ~」

グロッサム「ソルさまも、たいへんだねー」

ローダンセ「なんだか、ワクワクする!」

 

娘たちが繰り広げる会話が、賑やかに食卓を彩ります。

 

 

***

 

 

夕一刻よりバグウェルとの対戦を控えておりますので、いい加減イムふん臭を取り除かなければ!

 

というわけで向かったのはバシアス浴場♪

 

f:id:elneairoha:20171029115316p:plain

 

誰もおらず貸切状態でした!

頭まで浸かって子供のように心身を癒します♪♪

 

f:id:elneairoha:20171029115642p:plain

 

湯で身体を清めた後、早めに到着した闘技場にて。

バグウェルとの対戦が刻一刻と近づく最中、飼いイムであるうちのイムタに話しかけられました。

 

”ぷきゅるい☆(トレニア☆)”

”ぴゅぐるむい♪(がんばれ♪)”

 

そう言ってくれているのでしょうか(*^_^*)

 

神の使いのイム。

御加護を感じました。

 

 

***

 

 

f:id:elneairoha:20171029120121p:plain

 

ケサーリ「皆様お待ちかね、4年に1度のこの日、我がエルネア王国の護り龍たるバグウェルに、王国最強の武人たる勇者が全身全霊を賭けて挑みます」

 

神官からの合図により進み出た王国の勇者が姿を現すと、場内はすでに充分なほどの熱気に包まれていたにも関わらず、沸き起こった歓声で温度が更に上昇したようでした。

 

f:id:elneairoha:20171029121141p:plain

 

再びこの舞台に立つことができた喜びがトレニアの中に溢れてきます。

四年前のこの日、この場所で、心に誓ったのです。

 

龍と再会するということをーーー。

 

 

 

 

!(^^)!読者様募集中!(^^)! 

明けましておめでとうございます♪

本年も沢山の方にご来訪いただけますよう、精進いたします。 

 

 


スポンサーリンク